ChromebookとWindowsで共有フォルダ。ファイルを共有・転送する方法

chromebook-network-windows Tips

Windows PCに保存しているデータにChromebookからアクセスしたいと思うことはありませんか?

Chromebookから同一ネットワーク内のWindows PCにあるファイルへアクセスする方法を解説します。

ここで解説する方法であれば、ChromebookからWindowsの共有フォルダへアクセスして、ファイルを転送することもできます。

ChromebookからWindows PCのフォルダへアクセスする方法

ここでご紹介する方法は、

Windows PCの共有フォルダに保存した

  • ファイルの編集
  • 動画ファイルの再生
  • 音楽ファイル再生

などができます。

Windows PC側は起動している必要がありますが、Chromebook以外のWindows PCも使っている人であれば知っておいて損はありません。

WindowsとChromebookでファイルの共有や転送ができるのか?

Windows PCとChromebookでファイルの共有・転送は可能です。

ただし、Chromebook側は標準機能ではできませんので、これからご紹介する機能拡張(File System for Windows)が必要になります。

機能拡張はWindowsで言う追加ソフトウェア的なものになりますが、Windowsのソフトウェアのようなインストールが大変なものではありません。

WindowsでChromeを使っている人であればわかると思いますが、簡単にインストールすることができます。

Windows側で共有フォルダの設定

まずはWindows側で共有フォルダの設定が必要です。

Windows側でフォルダを共有するための設定は以下の通りです。

手順は

  1. 共有したいフォルダを右クリック>共有タブ>共有ボタンと進みます。
  2. 「共有する相手を選んでください」、と表示されたら、Windowsアカウント名のユーザー名が表示されるので、クリックして選択し、「共有ボタン」をクリックします。
  3. これでWindows側の共有設定は完了です。

あと、Windows PCのIPアドレスも必要になりますので、以下のサイトであらかじめ確認しておいてください。

アクセス情報【使用中のIPアドレス確認】
あなたのアクセスしているIPアドレス情報などをENVとJavaScriptで取得し表示します。あなたのIPアドレスからポート疎通・ping疎通・DNS索引・WHOIS情報も取得できます。

Chromebook側の設定

次にChromebook側の設定を行います。

  1. Chromebookにプリインストールされている、「ファイル」アプリを開きます。
  2. 左下の「新しいサービスを追加」をクリックします。
  3. 「ウェブストアからインストール」を選択し「File System for Windows」をインストールします。
  4. インストール後「File System for Windows」をクリックします。
  5. ここで接続のための情報を入力します。入力箇所は以下の3つです。
    IPアドレス:Windows機のIPアドレス
    ユーザー名:Windowsのアカウント名
    パスワード:Windowsログイン時のパスワード
  6. IPアドレスは以下のサイトで確認できます。
    https://www.cman.jp/network/support/go_access.cgi
    ユーザー名、パスワードはWindowsでログインするときに使用しているものを入力します。
  7. 入力したら、左下のギアのアイコンをクリックします。
  8. 「Keep Password」をYesにしてCloseし先ほどの画面に戻ります。
  9. 戻ったら「Keep」をクリックします。
  10. 最後に「Mount」をクリックします。

これでWindowsの共有フォルダへのアクセスが完了します。

Windows PCの共有フォルダにあるファイルを編集やコピーなどができますし、もちろんChromebookで作成したファイルをWindows PCへ転送することもできます。

コメント