Chromebookで教育が変わる!学校の先生におすすめの本2選

chromebook Tips

全国の小中学校への1人1台端末と、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備する「GIGAスクール構想」により、教育の場にChromebookを導入している学校も多いと思います。

Chromebookを導入するのは良いですが、いざ、使おうと思うとやっぱり慣れ親しんだWindowsとはちょっと違う。。。

ということで戸惑っている先生も多いのでは?

今回は、そんな先生方におすすめのChromebookが分かる本をご紹介します。

学校教育にChromebookを導入した先生におすすめできる本2選

全国の小中学校へChromebookが導入されるというのに、Chromebookのガイド本を探してみても、あまりみつかりません。

それもそのはず、探し方がちょっとずれているからです。

ChromebookはGoogleのChrome OSが動作しているパソコンです。

なので、Chromebookの本というよりも、Chrome OSの本を探すべきなのです。

さらに、学校での活用であれば「Google for Education」に関する本を探さなければなりません。

Google for Educationとは?

Google for Educationとは、

  • Chromebook(Chrome OS)

  • Google Workspace for Education

を活用して、GIGA スクール構想を実現するための、様々な教育ソリューションの事です。

以下のGoogleのサイトで紹介されていますが、簡単に説明します。(すぐにおすすめ本を見たい方はこちらから)

教師と生徒のためのソリューション | Google for Education
さまざまな学校や大学が、Google のソリューション、プログラム、慈善活動プランを利用して学びとイノベーションを向上させています。

具体的には、

  • Google Workspaceで使えるアプリであるドキュメント(Word相当)、スライド(PowerPoint相当)、スプレッドシート(Excel相当)を使ったファイルの作成
  • Google Classroomを使った学習の進捗管理や評価
  • Google Meetでのオンラインビデオ学習

などのツール、アプリケーションを活用して、GIGAスクール構想を実現するためのものです。

よって、先生方はこの

Google for Educationで何ができるのか?

を把握しておく必要があります。

ここが理解できていないと、宝の持ち腐れになってしまいます。

Google for Educationが分かる本とは?

なんでもオンラインの時代でググればたいていの情報は入手できますが、やっぱり紙ベースの本がなくなっていないわけですから、本の価値というのは相当なものかと。

ということで、Google for Educationを理解するのにおすすめの本を3冊ご紹介します。

今すぐ使える! Google for Education ~授業・校務で使える活用のコツと実践ガイド

今すぐ使える! Google for Education ~授業・校務で使える活用のコツと実践ガイド [ イーディーエル株式会社 ]

この「今すぐ使える! Google for Education ~授業・校務で使える活用のコツと実践ガイド」は、「Google for Education とはなにか?」から始まり、

  • オンライン学習
  • ICTでのコミュニケーション
  • Google Workspace for Educationの導入、活用

のポイントまで網羅的にカバーされたガイドブックです。

実際に導入した現場でのよくある質問への回答もありますので、実践的な内容も含まれています。

よくある「概念だけ」の本ではありませんので、実際に教育の場でChromebookを使う先生におすすめできる本になっています。

  • Google Classroom
  • Chrome ブラウザ
  • Chromebookのユーザー補助機能
  • Google Meet
  • Google Drive

など、実際に使うアプリケーションについての解説もありますので、すぐに活用することができると思います。

「小中学生でもわかるように説明されている」というコメントもあるように、あんまりパソコンが得意じゃない先生でもこの本であれば理解ができると思います。

今すぐ使える! Google for Education ~授業・校務で使える活用のコツと実践ガイドのレビュー

最後にこの本のレビューを参考情報としてご紹介します。

Google for Education の操作方法が、教育現場では最低限これだけは押さえてほしいものだけをピックアップして、わかりやすく解説されています。

Googleのサービスを教育という視点で俯瞰的に捉える本として、Google for Educationを導入する学校や、先生はまず読んでほしい。

順番に進めば授業で使える感じです。

Education向けなので教育現場向けの説明が助かります。

Googleを活用して子供達のICT教育の充実のために頑張っている教育関係の人達は必読の書だと思う。

amazon

購入は以下からどうぞ。

今すぐ使える! Google for Education ~授業・校務で使える活用のコツと実践ガイド [ イーディーエル株式会社 ]

 

GIGAスクールはじめて日記 Chromebookと子どもと先生の4カ月

GIGAスクールはじめて日記 Chromebookと子どもと先生の4カ月 [ 棚橋 俊介 ]

 

「GIGAスクールはじめて日記 Chromebookと子どもと先生の4カ月」は、ICT 操作に不慣れな先生が実際にChromebookが導入され、つまづきながらも一つ一つ着実に乗り越えていった毎日を担任の先生自らが綴った日記です。

所謂、Chromebookの使い方マニュアルではないのですが、実際に学校にChromebookを導入した現場の身近な「あるある事例」が満載なので、とてもためになる一冊です。

オールカラーで写真付きなので、マニュアル本に苦手意識のある人にとっても読みやすい内容になっているので、こちらもおすすめの本です。

GIGAスクールはじめて日記 Chromebookと子どもと先生の4カ月 [ 棚橋 俊介 ]

 

まとめ

ここまでChromebookに関する本をご紹介してきました。

Chromebookというよりも、「Google for Education」の本と言ったほうが正しいかもしれません。

以下の記事では、子供たちのタイピング力を上げるための無料で使えるタイピングサイトを紹介しているので、ぜひ活用してくださいね。

Chromebookでタイピング練習。小中学生におすすめの無料サイト8選

コメント